コラーゲンといえばお肌ですよね。

ではそもそもコラーゲンとはなんぞやって思いますよね。
コラーゲンはタンパク質のひとつで体の弾力をつくってくれる動きをします。コラーゲンは体のいろんなところで働いてくれてまずは皮膚、骨などにいます。
そこで細胞と細胞をくっつけてくれる働きをします。
このくっつける働きのおかげで私たちのお肌はプルプルになっているんです。
また、骨を丈夫にもしてくれたり、血管の強度を保ってくれて動脈硬化を防いでくれるんです。

今エステを受けるときに生コラーゲンエステとかもあるんです。
コラーゲンによる保湿成分でお肌を保護してしっとりプルルンお肌!みたいな感じですかね。
コラーゲンは通常直接肌には浸透しませんが、最近の技術の発達で細かく分散して浸透するまでに至ったようです。
科学の発展は恐ろしいですね。

ただコラーゲンは体内から摂取するのが一般的ですが、吸収しにくいとも言われています。
コラーゲンを多く含む豚足などを筆頭に動物性たんぱく質をとると、コラーゲンを再生する働きがあるので積極的にとっていきましょう。食べすぎは厳禁!