乾燥肌さんが普段から気をつけるケアの方法

乾燥肌さんにとって大切なスキンケア方法は、実は「守ること」です。

もちろん保湿も大切ですが、弱いお肌を守ることができなければ、せっかく化粧水や乳液で与えた水分も逃げて、乾燥してしまうのです。感想や刺激からしっかりお肌を守ることで、そもそもお肌にトラブルを起こしてしまうことをを防ぐことができます。

そのためまず、肌への刺激や感想をなるべくカットすること。ナイロンなどの毛が強いタオルで肌をこすってしまわないように気絵をつけてください。せっかくの肌を守るバリアの膜が壊れてしまうことがあります。また、室内では、エアコンなどの直撃はNG。風を受けると乾燥しやすくなります。それから、季節にかかわらず日焼け止めを塗ること。特に刺激の少ない紫外線吸収剤不使用タイプの日焼け止めがオススメです。
洗顔、石鹸、シャンプーなども、刺激を受けないよう、低刺激のものを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

また、洗顔方法を改善するし、
まずひとつ挙げられるのが洗顔方法の改善です。たとえばクレンジング剤はミルクタイプやクリームタイプなど、刺激が少な保湿も考えて選ぶと良いでしょう。そして、しっかり保湿をすること。特に化粧水は、こんなに浸透しないのでは?というくらいたっっぷりつけましょう!

お肌のことでお悩みの方はこちらのエステサロンがおすすめです。

恵比寿駅から徒歩3分のフェイシャルエステサロン
ボディー&スキンケアルーム ルージュさん

http://rouge-e.com/

ボディー&スキンケアルーム ルージュ

乾燥肌と脂性肌

人の皮膚は、基本的な構造は全ての人が同じにもかかわらず、生まれつきの遺伝や生活習慣で、いわゆる「肌質」が人によって違ってきます。それに加え、年齢を重ねたり、ホルモンの働きやその時の環境などで肌の資質も日々変化します。

自分の肌質をしっかり見極めることが重要です。

乾燥肌とか脂性肌とか混合肌とか、きいたことがあると思いますが、これは水分量と、皮脂量(油分量)でわけられます。
ここでは乾燥肌と脂性肌についてご紹介します。

まず、ドライ肌とも呼ばれる乾燥肌は、肌の角質層の水分量が3割を切っている状態のことです。「油分」と「水分」のどちらかが、もしくはそのは両方が足りていないと乾燥肌になってしまいます。乾燥肌の人の肌は表面に潤いがないのが特徴です。肌のやわらかさがなくなり、もろい状態なので、傷つきやすく、潤いを何とかしようと肌が油分を出そうとするため、「乾燥ニキビ」ができやすい状態になってしまします。年齢によるところもありますが、ライフスタイルや環境、気功なんかも関係してきます。

次にオイリー肌ともいわれる脂性肌は、肌の「水分」も「油分」も多い状態で、とくに「油分」が多い状態です。つまり、皮脂が必要以上に分泌してしまっている状態のことです。
テカリが目立ってしまったり、毛穴が開き、黒ずみやすいのでニキビができやすい状態です。
食事のバランスが摂れていない人や生活リズムが悪い人に多い肌質です。